古書の買取はどこですればいいの?今、話題の買取サービスを利用!

古書を持っている男性

新古書買取とは?

新古書店という名称自体はかなり聞きなれないものだと思います。しかしながら、皆さんが一度は目にしたことがある・耳にしたことがあるような古本買取サービスはこのタイプでしょう。

ページが開いている古書

幅広いジャンルを買取

幅広いジャンルの本を取り扱う古本屋。しかし、買取ジャンルの広さだけでなく、査定に関しても人の目を通して見てくれる事が特徴でもあります。そんな古本屋は時期を考えて利用することが大事なのです。

読書している女性

テーマ一覧

「古書の買取はどこですればいいの?今、話題の買取サービスを利用!」のテーマ一覧です。

三種類の買取サービス

重なっている古書

基本的には古本屋も古書店も法律上での区分はリサイクルショップ等と同じ「古物商」になります。
その為「古物商許可」がなければ古書店も古本屋も開業する事はできないというところは共通しています。
一般人の感覚からすると大手チェーンのいわゆる「新古書店」も「古本屋」も「古書店」も同じように感じるでしょう。
それはもっともな感覚で、どこも古本の買取と販売をしているという共通点がありますし、新古書店に買取を依頼した方は多いのではないかと思われます。

特に、大手の新古書店では出張買取サービスなどがあるため、年末の大掃除や引っ越しの時に出張買取サービスを利用した方もいると思います。
そういう事から古書店と古本屋と新古書店の区別は曖昧になっていますが、それぞれに特色がある他、サービスや買取の基準にも違いが多くあります。
また、これらの区別ははっきりと明確な基準で決まっている訳ではなく、違いがグラデーションの様になっている部分も多いので、あくまでも「古本を扱う古物商」の中での区別として考えるのがよいと思われます。

そういう事からも言える様に利用目的によって使い分けることが、利用する上で大事になると思われます。
また、同じ「古本を扱う古物商」でもその業態が個人経営の小さなお店とチェーン展開している大きなお店でも違いがある他、古本屋や古書店の加盟する業界団体が運営しているお店の検索サイトでは、一括して「古本屋」という名称を使っていることもあります。利用する前にしっかりとホームページを確認する、実際に足を運んでみるなどの確認作業をしっかりと行いましょう。