新古書買取とは?|古書の買取はどこですればいいの?今、話題の買取サービスを利用!

古書の買取はどこですればいいの?今、話題の買取サービスを利用!

新古書買取とは?

古書を持っている男性

まずは新古書店についてみていきましょう。
名称に“新”と入っているのでややこしいというイメージがあると思われますが、簡単に言うと大手チェーンのお店をイメージしていただければわかりやすいと思います。

この業態は、新しい漫画やライトノベル、毎年変わる資格試験のテキストや受験の問題集がメインの取り扱い商品になる他、値段が安くサービスが多様だという特徴があります。
しかし、販売価格が安いという事は、仕入値つまり買取価格も安いという事にもなります。

新古書店という名称は「比較的新しい本を扱う古書店」というところからきていると言われているのですが、古書店や古本屋とは全く別の物になります。
新古書店は買取も販売も独自の基準で決めているので、買取価格の査定は希少価値などは一切考慮されず、見た目の綺麗さやバーコードで読み取った新品価格から買取価格を査定するという場合が多いです。
そのため利用シーンとしては、古本の購入や大掃除で出てきたゴミに出す様な大量の古本を出張買取に出すといった使い方が良いのではないかと思われます。

ゴミに出した場合、処分費用がかかる事もありますが、無料の出張買取サービスを利用した場合、値段がつかない様な物も大体の場合は引き取ってもらえるので、缶ジュース1本買えるかどうかの値段での買取になったとしてもマイナスが出ないというところでは利用方法として良いのではないかと思われます。
また出張買取サービスを利用することで、自身でお店まで運ぶという労力が減らせるのもあるでしょう。